一緒に動いてくれるパートナーがいない人,いる人

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村

↑ ランキングに参加しています クリックを!

↑ はて これは何? 答えは このブログ末尾

一緒に動いてくれるパートナーがいない人は

https://wp.me/P9vbgo-T

 ↑

サイト開設の理由  都会の暮らしの今の現実が 自分に当てはまると思うなら

一人で さっと動けるほうが断然有利 結婚していないならば 即動こう!

心も体も安定した暮らしをはじめたなら その時の暮らしにふさわしい パートナーが何故か現れる…

山奥ニートさんも 家を出て山奥に行くという行動をしたら パートナーを得たらしい 美人でちゃんと仕事もある人で妻の通い婚らしい

行動力のない 都会で夢を亡くした人間よりも 小さなことでも実現させて 幸せ感を身にまとっている人間のほうが 魅力的に見えるってことか

結婚は合理的なシステムで 精神面でも経済面でも世の中 一人よりも二人が生きやすくできている
だから できれば結婚もしたい!

できれば 子供も作ったほうがいい
子供を育てるのは 幸せで楽しいことなのに 子供を虐待する人がいるのは 実は病気だ
どんな動物でも 子供を抱え込み 実に愛おしそうに育てているではないか 本能だからだ

子を虐待するのは 病になるほど追い込まれているのだ

子供の存在は人間ならば怠惰な親でも勤勉になるほど力を与えてくれるという魔法さえもたらす いろいろなことに 追い込まれ過ぎて病気になる前に 都会から逃げよう!

そして 今回特別に書くのだが

身をさらして…(>_<)

パートナーがいる人で パートナーから田舎暮らしや町暮らしへの 理解が得られない人はどうする?

熟年就農の場合だが 多くの夫婦に出会ったが 夫婦とも願って来たというケースには 滅多に出会わなかった やる気まんまんの夫に 渋々従って来た妻のケースが圧倒的だった そもそも 田舎や町暮らしに心が向かう人は心身ともにタフだ この言い出しっぺが パートナーを果たして連れていけるかが鍵

で私の場合 夫にも息子達にも理解は得られなかった…

その時の妻である私 2000年までにさまざまに出た環境問題,地球村などにはまる 米国スリーマイル原発事故では 小冊子を100冊発送 子育て時自然食を購入するうち 国内の農作物にも不満がつのるように ヨーガも開始より小さな暮らしを志向する 得意であるはずの仕事も築15年で建て替えを勧めるような自分の職業への懐疑が深まる 体力はヨーガで見当がついていたので突っ走ってしまう エコハウスも自作したかった… ←自作 ←後に焼失…

東京生まれ育ちの元夫は 田舎暮らしの選択肢は皆無 都心に老舗の実家の店 六本木ヒルズに地上げされた実家 釣りやボートや海や都内の友人との生活が一番大切 仕事は妻のほうが性分に合っているからと妻を押し出す 父子家庭のように忙しい妻を一人にして息子達とスポーツや遊びを通して仲良くのびのびと生きていた 妻の苦悩は流行病ぐらいにしか考えてはいなかった やれるものならやってみろだったはず

田舎暮らし開始の時はまだ籍抜いてなかった

今の夫とは それぞれが 一人ぼっちの田んぼ生活2年目の稲の収穫時に出会った 夫は元妻の死後 町の家をそのままに田舎に家を求め田舎暮らしと農生活
私は餅米がとれすぎて地獄を味わい 自作の6段のはさに 稲束を持って登ったり降りたりして苦闘していた 手伝いに頼んだら大正解 地上からはさの上段に放り投げてもらったら あっという間に終了し… お返しに同様な状況の手伝いに行きつ… 農は一人よりも最低二人だという認識が深まり一緒になった

元夫とは別居除くと実質18年,今の夫とは16年目 餅送っても米送っても返事寄越さない元夫に 逆切れし籍を抜いたら出会ったよ(#^^#)

若い時の結婚相手は勢いとか 生物の本能とか直感で選ぶことが多い

結婚生活長続きさせている人は立派だが 人は変わるし 人生はどんどん長くなっている 今は人生なんと 100年だってよ! 心離れたまま ずっと一緒に暮らせる?

あなたのパートナーが もし ついてきてくれなくとも 自分の生き方を貫きたいという心が強いなら

余計なことを考えずに 信念を持って自分の思う生活に突入しよう!

まずは一生懸命に正直に自分が生きること!

文頭の写真の答え 女性用の「ふんどし」です この度6枚製作して着用開始しました快適なので 夫にも男性用5枚作ってあげました 女性用はビキニ型なので枚数とれた夫も快適だそうです 締め付けない暮らし いいよ!

 

↓ランキングに参加しています クリックを!

PVアクセスランキング にほんブログ村

投稿者: 管理人スエヨギ

テキトー自然食歴30年 テキトーヨーガ歴27年 テキトー熟年就農18年

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です