カテゴリー
流行りの暮らしを small life に取り込むワザ

軽ワゴンの車中泊仕様の工事に挑戦してみた

移動中の災害対策用&はやりの車中泊も体験してみたい

12月末から工事開始 1月~6月までに 計17回車中泊をした 

大体うちには完成という言葉があるかどうか… これは家や工作物など 多くがセルフ工事なので、使い出してからの不具合の調整工事や もっといいこと考えたよ的な発展工事など 気になると とまらないから…

車の外部は変えようがない 薄膜の太陽電池120w1枚を屋根に取り付けた これ以上大きなものは無理だ 天井を一度はがして梁の位置を確認し、そこを避け屋根に電池の為の穴を開け、ケーブルを引き込んだ 防水処理をした 電池の裏側と屋根の間に断熱材を入れ、それぞれの間は両面テープで完全密着した 周囲をコーキングとテープ処理し、さらに風で飛ばないように車の両サイドにパイプを設置し電池をロープで左右3箇所づつ結んだ この車は元の高さが1950mmだ これ以上高くすると、外出先の駐車場が厳しくなる だから外部は太陽電池が不調になるまではいじりようがないだろう…

車内概要 天井をはがした時 ついでに断熱工事をした 同時に天井からぶら下げたいパイプや内部の吊り物の為のナット類を梁の穴を利用して埋め込んだ 車高を生かして高さを3分割にして使うことにした 

【車内3分割の概要】

車内最下段 移動時の大物や泥汚れもの置き場(バケツ大小5、長靴2、鍬2、肥料袋、水洗式ポータブルトイレ10L、インバーター1、バッテリー1、コントローラー1、バッテリーメーター1、予備の太陽電池30w×2 真水5L、容量5Lの乳酸菌液入排水タンク ヨガマット 断熱材入り携帯ガスボンベと携帯ミニ消火器セット木箱入り

車内中段  主に食事就寝空間 冬はミニコタツ(電気敷毛布+手作りミニテーブル+ミニ布団+手作りコタツ上板 )ポータブルトイレは夜だけ中段に移動(中段の助手席側最前方に 助手席を平に前に倒し高さを合わせた台で広さを足しトイレを設置 周囲にカーテン)出力異なるポータブル電源3(バッテリー、インバーター、コントローラが一体型タイプ←コンパクトで使いやすい) 厳選食器、袋入り 厳選食材、袋入り 厳選調理道具、袋入り ミニクーラーバッグ 

車内上段  移動中不使用の物を積載 ミニテーブル、ミニコタツふとん コタツ上板 毛布 寝袋 雨具 野外用ミニ椅子2、買い物袋、着替え、ペーパー類、ポリ袋、タオル類 車内照明器具 脱臭用粉炭など あと大事なものだから書くけど 三角の停止板とか発煙筒同等の発煙風照明、水没緊急時脱出用道具なども運転席近くに設置…

冬仕様としてはひとまずこれでうまくいった 夫婦二人で1月も、2月も十分暖かく眠れた… 予期しなかったコロナ騒ぎにも有効だと感じる 我が畑は日本の3箇所に分散しているのだが(詳細はこちら→)https://wp.me/P9vbgo-8m

足柄では広々した畑の隅に車中泊OKと言ってもらえて最高の環境だ!

手作り食生活のお勧めサイトでもあるので 厳選持参の少量食材の内容を紹介しておきたい →「冷凍物」 各種野菜 自家製パン、同餅 購入物では 丸ごと卵 冷凍魚、肉、焼き豚、ハムなど←ミニクーラーバッグなので氷の代わり

「粉類」は無洗米約3合ほど 準強力小麦粉約100g程度 片栗粉少々 グルテン少々 粉イースト菌少々←簡単うまいパン2時間足らずで焼けるよ 「調味料」砂糖、塩、醤油、マヨ、ケチャップ、オリーブ油、酢「嗜好品」お茶、インスタントコーヒー粉、粉ミルク 「その他」すぐ使える干しワカメ 干し野菜 ふりかけ 茶漬けの素 「途中で買うもの」果物 土地の食物 

25%酒 強炭酸水 菓子少々 夏場は食べた分を氷に置き換え予定←3日間は十分いけてる… 加工食品よりも 食材は粉、素材で持ち歩くと嵩張らない!軽ワゴンだけの話(´;ω;`)ウッ…

トイレのこと 昼は道の駅など利用できるし 夜は3日分以上の貯留は可能だ 匂いは今の時代一瞬で解決できる粉末がある 排水タンクにも乳酸菌液を常時少量入れており雑排水入れと共に持ち帰る 発酵させて畑で再利用している

注意 軽ワゴンは狭く 2人で利用するには 結構柔軟な体が必要だ ぶつからずに 体をかわしあい 疲れたら外で体操 その為のヨガマットも積載 

これからの工事 初夏、夏に向けすでに換気扇、扇風機、網戸と 頭の中では すでに考え中… 

お知らせ 車の内外部を YouTubeで紹介することにしました 田植えや草取りで どんどん先送り中ですが Upしましたら 報告いたします  ←やるやるサギにならないようにがんばりたい… 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください